食中毒を未然に防ぐ手洗いを実践する

普段の家庭においても料理を行う人に関して言えばきちんと手洗いをする必要があります。ここでは一番重要な手の洗い方についての説明を行います。

手洗いが食中毒予防につながる理由

食中毒はそもそも細菌やウイルスなどが付いた食品や有毒な物質が含まれている食品を食べることによって起こります。元々食材についている場合もありますが、あらゆる作業において手を使うためにそこから細菌やウイルスが付くという可能性もあります。

そうであれば、手洗いをきちんとすればそういうものの感染が広がらないことを意味します。

手洗いだけを徹底すれば防げるわけではないですので、殺菌洗浄や加熱処理も必要になるでしょう。

洗い残しを防ぐ手洗いのポイント

手を洗うのであればただ水を付ければいいというのではいけません。時間を掛けて1回洗うよりは短時間でもいいので2度洗いがいいです。2度洗うことによって洗い残しを防ぐという効果があります。

洗うタイミングとしては調理前は当然として、生の肉や魚など細菌に汚染されやすい食材に触れた後や盛り付け前、加熱工程が無い食品に触れる前など細めに手を洗いましょう。

手を洗うのは面倒くさいのかもしれませんが、食中毒を防ぐという意味では一番重要な工程になりますので、きちんと行うことが大切です。

正しい手洗いで消毒剤を手と指にすり込む

手洗いの仕方は水で手を濡らしてから石けんを付けます。石けんを使って30秒ぐらい使って指や手のひら、腕を洗いますが、特に指の間についてはよく洗いましょう。

洗った後は20秒ぐらい使って良く洗い流して、もう一度石けんをつけて同じような工程を繰り返します。2回以上洗ったのであれば、使い捨てのペーパータオルなどでふき取り、消毒剤を使って手と指にすり込んでいくといいでしょう。

こういう正しい手洗いを徹底することで限りなく防ぐことが可能です。

正しく手洗いをするという心構えが必要

手洗いを行うのは一番と言っていいほど食中毒を防ぐのに役に立ちます。それはそこから二次感染をすることを防げるからです。手を洗うのであれば洗い残しを防ぎ、正しい手洗いの仕方を学びましょう。