食中毒を防ぐために必要な調理器具や環境について

食中毒によるウイルスの場合は食品に付けないことが何よりも重要になりますので、調理者を含めた調理場全体にウイルスを感染しないようにしなければいけません。

調理前に消毒を行い細菌を食品に付けない

細菌は魚や肉などの食材についています。この菌が調理者や調理器具を介して、他の食品に汚染することがあります。事前に手指を洗浄したり消毒をしたりすることが大切です。調理を始める最中や生肉や魚、卵などを取り扱う前後、調理の途中でトイレなどに行ったり、残った食品を扱う前については特に手洗いをきちんとしないと細菌をつけるという結果になります。

食品に菌が付いたとしても、食中毒を起こすまでの量にまで達しなければ発症することはありません。菌は高温多湿な環境で増殖してきますが、10度以下であればそれがゆっくりになって、マイナス15度以下であれば完全に停止します。時間が経過するとともに増えてきますので、調理を迅速にして早く食べるように心掛けます。

冷蔵庫に入れれば大丈夫だという風に過信はしないほうがいいでしょう。開閉を頻繁にしていると温度が次第に上がってきますので、必要最低限にと止めるべきです。モノを詰めすぎたら冷気の循環が悪くなりますので、そこのところも注意しましょう。

加熱処理を行い細菌を死滅させる

食中毒を起こす菌は加熱処理に弱いために、例え食品に菌がついていたとしても死滅することができます。特に肉料理であれば良く加熱をすることが大切で、中心部まで75度程度で1分以上が目安になります。調理器具に関してはよく洗浄して熱湯をかけて殺菌してください。

ウイルスの場合は細菌のように増えることがありませんので、調理場の中にウイルス自体を持ち込まないことが大切です。そのためには健康状態をしっかり把握します。ウイルスが仮に調理場内に持ち込まれたとしても食品につけなければいいわけですので、きちんと手洗いや洗浄を忘れないようにしましょう。

防ぐためにはきちんとした心構えが必要になる

食中毒を防ぐために、細菌やウイルスを何といっても食品に付けないことが重要です。付けてしまった場合は増やさないとか広げないということが重要で、最終的にはやっつける必要が出てきます。